三線の補修

新年あけましておめでとうございます。
2018年最初の投稿です。今年もよろしくお願いいたします。

さて、2018年最初は私が体験した三線の補修について書いていきたいと思います。
上の写真は、今メインで使って ...

三線の楽しみ方

11月12日、宮古民謡保存会主宰「宮古民謡コンクール」を受験してきました。
優秀賞部門で課題曲は「なりやまあやぐ」。無事に賞状をいただいて帰ってまいりました。

上の写真はコンクール受験会場のステージ。受験者は、正座 ...

宮古民謡

5か月ぶりの更新です。
せっかく読者になってくださった方も、さぞや呆れていることでしょう(苦笑)
長い間失礼をいたしました。
悪化していた左手小指の腱鞘炎もようやく落ち着き、10月から三線の練習ができるようにな ...

三線の楽しみ方

猫の話をしてからすっかりご無沙汰をしてしまいました。
実は、去年患った左手小指の腱鞘炎が再発してきまして、ここ一月ほどはほとんど三線に触れていないんです。
これじゃぁ、三線生活といえませんね(苦笑)

腱鞘炎とは? ...

にゃん線生活

更新がしばらく滞ってしまいまして申し訳ありません<(_ _)>

さて、これを三線のブログに載せるのはどーなのだろう?と自問してきましたが、やはり載せずにはおれません!
1ヵ月半のお試し期間を経て、猫2匹 ...

三線の基礎知識

これまで三線の棹の型や材質について簡単に解説してきました。
(参照記事:三線の型を選ぶ前に知っておいてほしいこと|黒木が一番? 棹の材質から見た沖縄三線)
たぶんお読みいただいた方にとって知りたいのは「音色の違い」です ...

宮古民謡

宮古民謡

ここのところ三線の写真ばかりで飽きましたので(笑)、今日は美しい宮古の海にしました。
といっても、私は冬にしか行ったことがありません。
まぁ、冬でもこれだけ海が美しいのですから、楽園のようですよね。

それは ...

三線の基礎知識

カマゴン

前回は型から三線を分類してみましたが、今回は棹の材質から見ていきたいと思います。
といっても、これは傍から見るととってもわかりにくいですね。

三線の世界では純粋に生物学的な種類で呼称しているわけではなく、産地の名前 ...

三線の基礎知識

真壁型

 

昨日の記事(三線の型選びを考える)に書いたように、三線の型の中で最も多く流通しているのが真壁型ですね。
真壁型は大正期から急速に量産されるようになったといわれていますが、これは三線の名器中の名器といわ ...

三線の基礎知識

三線を分類する場合、まずは「型」で分類することができます。もう一つは、棹に使われている木の種類による分類もあります。
今回は「型」について書いていこうと思います。

三線の型について考えるときというと、だいたい次のよ ...

PAGE TOP