猫2匹の里親になりました!

更新がしばらく滞ってしまいまして申し訳ありません<(_ _)>

さて、これを三線のブログに載せるのはどーなのだろう?と自問してきましたが、やはり載せずにはおれません!
1ヵ月半のお試し期間を経て、猫2匹の里親になることが正式に決まりました!!

同じ区内でボランティアの里親会を主宰している方から紹介してもらいました。
茶色い長毛種はレオン(雄、推定2歳)、もう1匹の白黒はボタン(雌、推定9ヶ月)です。

このブログのロゴをご覧になってお気づきかもしれませんが、私は大の猫好き。
なんですが、2016年2月に15年以上連れ添った猫を亡くして以来、重度の猫欠乏症に陥っていたんです。
ネットで地元の里親会の存在を知り、茶色の長毛猫がいるということで代表の方のお宅に会いに行きました。
そこに一緒にいたのが白黒ちゃん。
当初は1匹だけのつもりだったんですが、あまりにも2匹の仲が良いので、ついつい2匹ともにしてしまいました(汗)

茶色のレオンは、もともと飼い猫だったのが何らかの理由で外に放たれたようですね。
あるお宅に居ついたのを嫌がった家主が里親会に連絡して保護することになったそうです。
その間、水をかけられたり相当酷いことをされたみたいなんですよ。
人間不信になったためか、保護されてから数ヶ月は触らせてもくれなかったようです。
家に来た当初はやはり威嚇がすごくて、触るどころか近付くこともできませんでした。
それでもなんとか家に慣れてくれたのは、仲良しの白黒ボタンがいてくれたからでしょう。
最近はようやくリラックスしたポーズもみせてくれるようになりました。

ボタンの方は「生粋の野良」という感じで、野生味がハンパないです(苦笑)
この子は保護されたときは3~4ヶ月くらい。
脱肛が酷くて、大腸が数センチも露出していたそうで、保護の後2度の手術を行っています。
でも、そんなことを感じさせないほど元気一杯!
まぁ、とにかくあちこち飛び回っています。
テレビが大好きで、「世界猫歩き」や釣りの番組が好きですね~
釣れた魚を懸命に追いかけています。

このボタン、お尻の具合をチェックするため1週間ほど保護主さん宅に里帰りしていたんですが、その間のレオンの意気消沈したことといったらなかったですね。
あ~、家内に言わせると私も相当元気がなかったようですが(苦笑)

2匹が家族になってくれて、家の中が本当に元気になりました。
まぁ、その分色んなものが破壊されていますけど(笑)
冒頭の写真で、ベッドがアマゾンの箱なのは、藤で編んだベッドが破壊されたためです(汗)
なので、三線と道具たちが置いてある私の仕事部屋には出入り禁止です。

すみません、しばらく振りの更新が何の役にも立たない猫の話題で。。
息抜き代わりにたぶんこれからも登場することになると思いますので、どうかひとつよろしくお願いいたします!

 


PAGE TOP